www.suffolkcinema.org

借金の返済方法は会社各個で随分違いがあり、いろんなやりようが導入されてます。基本的にはスライド方式やリボルディング法などが取り入れられているようです。またかくのごとき誰もがわかっているリボ払ですけれども、本当のところ算出手法に様々な様式といったものがあったりするのです。そうしてしかよう様式によって返済合計金額が異なってしまうわけですので、知っていて損はないと思います。しからば理解しやすくこれらの方式の差異に関して説明していきましょう。一つは元金均等払いで、その次は元利均等払いです。これらは読んで字のごとく、元金に関してを均等にして支払っていくというものと元本と利率について一緒にして均一に返済していこうという形式です。今回のケースでは仮に10万円を借り入れたと仮定し具体的に如何様な算定をするのかやってみましょう。利回りに関してはどっちも15%と設定して計算します。更にリボルディング払に関しての返済を1万円と仮定し算定します。まず元金均等払いです。このような場合の1回目の支払いに関しては1万円へ利息分1250円を足した支払いとなります。次の返済は1万円に利息分の1125円を加えた支払額へとなります。こういうふうにして全部で10回で返済をお終いにするといった様式となります。一方、元利均等払いというものははじめの返済は1万円ですがそこから元金に8750円、利子へ1250円といった具合で割り振ります。次回の支払に関しては元本が8750円へと減少した状態で金利を算出し1万円をまた割り振るのです。詰まるところ元利均等払いのケースでは10回で引き落しが完了しないといった勘定になったりします。こればかりのへだたりで両方がどれぐらい異なってるのかご理解頂けたことでしょう。元利均等は元金均等に比べ、はっきりと元が減少していくのが遅延しているという難点が存在したりするのです。言い換えれば金利をおおく払うといった状態になります。反面、はじめの返済が少額で済んだといったプラスというものも存在したりするのです。こうした支払手法に関しての差異に連動して、引き落し総額というものが相違してくるのであなたの好みに合う使い方を採用するようにしてみてください。

Link

Copyright © 1996 www.suffolkcinema.org All Rights Reserved.